ゴルフ会員権の売買は、信頼と安心のつばさゴルフへお任せ下さい!


ゴルフ会員権の相場、売買情報、税金案内(税金処理)、相続等迅速にお応えします!


2018年10月ニュース


ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ

 鳩山カントリークラブ(埼玉県)11月30日債権者集会で再生計画案決議


 鳩山CC(18H)の再生計画案の決議が11月16日期限の書面投票と11月30日開催の債権者集会で行われることに決まった。

 弁済率は22.21%、再生債権者数は533名936口(一般社団法人鳩山CC1名388口・本人届出533名548口他)で、確定債権額は31億8137万円余。

 会員への弁済に関しては、1万円未満の端数が生じる場合はその端数を現金弁済し、残債権については普通株式及びA種株式に対して現物出資したものとみなす。

 会員権債権者が取得する普通株式及びA種株式の数の合計は、権利変更後の債権額から1万円未満の端数を控除した残金1万円ごとに1株としている。

 同クラブが平成16年に1回目の再生法申請を行った際は、会員の多数が社員となった一般社団が親会社となり再建したが預託金の据置期間を平成27年5月3日まで10年間延長したことから、再び償還問題が発生し、2度目の再生法適用となった。今回の再生計画案が成立すると株主会員制クラブに完全移行することになる。

 
戻る


 千葉夷隅ゴルフクラブ(千葉県)ティマークの色と名称を変更


 千葉夷隅GC(27H)は10月1日からティマークの色と名称を変更した。

 名称はバックティがフルバック、レギュラーティがバック、フロントティがレギュラーにそれぞれ変更。ティマークの色は、従来の赤ティが金、7月から運用開始の新設ティが緑に変更となった。
 ※ティマークの色が黒(BLACK)フルバック、青(BLUE)バック、白(WHITE)レギュラー、金(GOLD)、
   緑(GREEN)

 GREENは昨年12月からおよそ半年間で工事を行ったとしており、従来距離が短かったGOLDよりさらに短く、最短4,594Y(南→西のNEWBENT)、長くても5,000Y未満となっている。

 また、GREENは運用開始した当初”女性及び年齢75歳以上の使用”と制限していたが、9月1日から全ての来場者が使用できるようにした。GREENティは女性でもパーオンが狙える距離になり、評判もよいそうだ。
 
 
 
戻る


 静ヒルズカントリークラブ(茨城県)アプローチ・バンカー練習場拡張


 森ビルグループの静ヒルズCC(18H)が、自慢のアプローチ・バンカー練習場をリニューアルオープンした。

 1グリーンとグラスバンカーを1つずつ増やしたもので、AとBグリーンではピッチショットとランニングアプローチ用、Cグリーンはバンカーからの練習用となっている。本コースと同じ芝を使用しており、一般の練習場とはスケールも感触も気分も違うと案内している。

 
戻る


 サニーカントリークラブ(長野県)クラブ充実させ総合ゴルフ施設に


 サニーCC(27H)はこの10月6日から井上誠一氏の唯一の弟子である嶋村唯史氏の監修による前方ティグラウンド”サニーティ”の使用を開始した。

 同クラブでは前方ティを設置した18H(前方ティの総距離は4,504Y)全体の監修を嶋村氏に依頼しており、11月19日のクローズ後にコース改修工事を開始する。また来春から27Hを嶋村氏監修の18H営業(蓼科・八ヶ岳コース)とする方針で、閉鎖する浅間コース(9H)にはまず今冬クローズ後から300Yの練習場を整備する。さらに浅間コースの1.2.3.4.7.9Hを残し、これを6Hの練習コースに変化させる方針だ。 このショートコースや大型の練習場はレッスンプロへ時間単位で貸し出すほか、高校や大学のゴルフ部への貸し出し、初心者向けのイベント企画を実施していく考えとしている。

 グランドオープンは来年5月を予定。バーベキュー施設やカラオケルームなど宿泊施設も充実させており、東京からの苫映画家利用にも期待している。

 また、タイ・パタヤのパタナG&SR(27H)、ブラパ・GC(36H)、バンコクのクルンビー・Gコース&CCエステート(18H)の3コースとは今年9月中旬に提携契約を調印し、会員相互利用と交流につなげる方針。現地事務所には日本人スタッフが常駐する力の入れようだ。

 さらに、サザンクロスCC(静岡県・18H)、男鹿GC(秋田県・18H)とも提携する方針だ。

 同クラブ経営の㈱パインコーポレーションの小林祐治代表取締役社長は明治大学ゴルフ部OBで明大ゴルフ部助監督を務めるキャリアもあり、クラブ充実を目指した施策を立て続けに実施しており、ゴルフの振興にも意欲的である。「これからはゴルフ場単体ではきつい。国内外のゴルフ場ともアライアンスを組んで盛り上げていきたい」と話している。

 
戻る


 スーパーゴルフカントリー倶楽部益子コース(栃木県)年内でゴルフ場営業を終了


 スーバーゴルフCC益子C(18H)が年内の12月31日まででゴルフ場営業を終了することを明らかにした。

 今後の経営環境を見据えて営業継続するのは困難と判断したようで、顧客に対し「閉鎖のご案内」とお礼を兼ねたお得な料金プランを案内した。

 会員は大半が預託金のないプレー会員権となっており、ゴルフ場閉鎖決定に伴い、近隣のゴルフ場に移籍を紹介しているという。

 ゴルフ場閉鎖後の利用方法は「全く決まっていない」と話している。

 
戻る


 札幌芙蓉カントリー倶楽部(北海道)12日から18H営業


 札幌芙蓉CC(27H)は、10月12日から18ホールでの営業を開始し、ビジターのプレー受け入れも再開した。
 9月6日に発生した「北海道胆振東部地震」や台風の影響で一時前ホールを休場、9月22日より北コース(9H)での営業を再開しメンバーとメンバー同伴者のみでプレーを受付けた。12日からは中コースも含め18ホール体制となったことでビジターのプレー受け入れも始めたが、安全面を考え、プレースタイルはキャディ付・電磁乗用カート使用に限定するという。

 南コースについては、今シーズンの営業は行わず、雪解け後に復旧作業に着手する方針で、年内は18ホールでの営業となる。

 
 
戻る


 日光カンツリー倶楽部(栃木県)11月1日から法人株主会員募集


 一般社団法人日光CC(18H)は、2020年に日本プロゴルフ選手権が開催されることを記念した法人正会員権を口数限定で募集することに決めた。

 募集する法人は1名記名式で価格は税込み388.6蔓延(2株式取得代183.6万円・入会金216万円)定員は20口を予定している。入会は理事会に諮るので、会員の紹介が必要になる。

 法人会員は同倶楽部創立当初のメンバーだけだったので創立以来久々の募集となり、自社で保有している株券を充てる。

 
戻る


 ニュー南総ゴルフ倶楽部(千葉県)11月1日から名義書換を再開


 アコーディア・ゴルフのニュー南総GC(18H)は、11月1日から名義書換を再開する。

 名変料は消費税別で、正会員が50万円、特別平日無記名会員(月~金、日曜日可)が30万円、平日無記名会員(月~金曜日可)が20万円。

 トランスファー制度、家族入会割引、シルバーステイタス割引、新グランドステータス制度は適用対象外。

 
 
戻る


 石川遼プロマネジメント会社・ケーアイ企画が棚倉田舎C(福島県)の経営株式を取得


 男子ゴルフツアー(JGTO)選手会長の石川遼プロのマネジメント会社で両親が役員を務めるケーアイ企画㈱が棚倉田舎倶楽部(27H)の経営権を9月25日取得し、ゴルフ場経営に進出した。

 父親で同企画会長の石川勝美氏が社長に就任したが、社長以外の従業員はすべて継承し、倶楽部名や会社名、それに会員の権利等も変更せずゴルフ場を経営するとしている。

 総支配人は「当クラブは、全国小学生大会の会場となったり、キッズキャンプも開催しておこれまで以上に知名度が向上し、地域の活性化に繋がることを期待している」という。

 
戻る


 児玉カントリー倶楽部(埼玉県)再生計画案、即日認可決定


 今年3月13日に民事再生法適用申請をした児玉CC(27H)経営の㈱児玉カントリー倶楽部は、9月10に再生計画案の賛否を問う債権者集会が開かれ賛成多数で可決し、さいたま地裁が即日認可決定を下した。異議申し立てがなければ、10月5日(見込)には認可決定確実となる見通し。

 同社の再生計画案はゴルフ場収益により弁済する自主再建型。

 会員契約は入会期限日(再生計画認可決定確定日から2か月経過時の属する月の末日=今のところ今年12月末日を予定)をもっていったん解除となり、退会者及び一般債権者には弁済金(債権額の1.5%)を10年分割で弁済、継続会員は弁済金である債権額の1.5%を新預託金(10年据置)とすることとなっている。

 
戻る


 飯能グリーンカントリークラブ(埼玉県)証券額面差し替え額変更


 間接株主会員制の飯能グリーンCC(18H)は会員権管理施策の改定に伴い、市場から調達した会員権の預託金額面取り扱いを10月1日受付分から変更する。

 市場から調達した証券額面400万円以上の預託金証券は一律220万円の額面に統一されるもので、新入会者の新証券額面は220万円となる。

 それ以外の額面についてはこれまで同様、最低額面金額(正会員権20万円・平日会員権10万円)に達するまでは最大100万円切り下げての額面に変更する。

 
戻る


 大宮ゴルフコース(埼玉県)募集終了・10月から名変再開


 大宮Gコース(18H)は、平成27年4月から行っていた募集が定員に達したため募集を終了し、10月1日から名義書換を再開する。

 募集により「クラブ競技参加者も増え、目標としていたアクティブ化が達成できた。入会者は50代が多い」と同クラブの担当者は話している。現在会員数は平日会員を含め540名ほど。

 
戻る

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問合わせ

ゴルフ会員権のことならTSUBASAGOLFへ!
フリーダイヤル 0120-283-562

E-Mail tsubasagolf@tsubasagolf.com