ゴルフ会員権の情報、ゴルフ会員権売買は、つばさゴルフへ、是非、お任せ下さい。

ホームへ 会社案内 県別相場 募集コース 税金案内 取引方法 売買依頼書 お問い合わせ
 

 平成26年4月1日より損益通算廃止

平成26年3月31日までにゴルフ会員権を売却して損益が出た場合、平成27年の

確定申告により税金の還付を受けることができましたが、平成26年4月1日以降は

売却損を申告しても還付を受けることは出来なくなりましたのでご注意下さい。

但し、同一種目の所得の損益計算はこれまで通り認められ、
同一年によるゴルフ会員権譲渡で特別控除の50万円を超える所得(利益)が発生すると
納税義務が発生しますが、複数のゴルフ会員権を個人で所有し、同一年に会員権を処分した場合
利益と損失を計算して所得を申告できます。

(個人のみ対象)

      
値下がりしたゴルフ会員権を売って、税金の還付を受けれますか?
(確定申告をすれば)

 ゴルフ会員権の譲渡損失は、所得税では確定申告する際に、事業所得、不動産所得、山林所得、譲渡所得(株式の申告分離の譲渡所得などを除く)の4つの所得が赤字の場合に限り損益通算(一つの所得の赤字と他の所得の黒字分と相殺)することができます。

 そこで、相続税対策で買ってしまった土地、建物の価額が下がってしまったものを処分しようとした時に、考えておかなければならないのが「損益通算と青色申告」です。

 土地、建物の譲渡損失は原則として損益通算の対象となります。しかし、その譲渡損失が多額で、その年の所得では引ききれない時、青色申告であれば3年間の繰越ができ非常に有利です。不動産所得など青色申告できる所得があれば、是非、青色申告をしたいものです。

 また、土地等の譲渡損がリゾートマンション、別荘など直接生活に関係ない「主として趣味、娯楽又は保養の用に供する目的で所有するもの、その他主として趣味、娯楽、保養又は鑑賞の目的で所有する不動産」を譲渡した場合の譲渡損は損益通算できず、他の譲渡所得の範囲内でしか差し引きができませんので注意が必要です。



会員権はぜいたく品…財務省が売却損相殺廃止を検討

財務省は、H16年2月29日、個人が保有するゴルフ場やリゾートマンションの会員権を「投資対象のぜいたく品」と見なし、売却時に生じた譲渡損を他の所得と相殺(損益通算)できないよう所得税法などを改正する方針を固めた。個人所得課税の抜本改革に合わせ、2005年度から実施する方向で検討に入る。

 現在、個人が保有する競走馬や書画、古美術品、貴金属などは「通常の生活に不要な資産」と見なされ、売却時の損失をほかの所得と相殺できない。ただ、ゴルフ場などの会員権は、個人所得課税の損益通算に「ぜいたく品」の規定ができた1961年には投資対象でなかったため、ぜいたく品とは見なされていない。

 このため、ゴルフ場の会員権を売って売却価額から取得費や手数料などを差し引いて損失(赤字)が出た場合、給与など他の所得(黒字)と相殺でき、翌年に支払う個人住民税も減らすことができる。

 しかし、所得課税の強化を検討している財務省は、「会員権の実態は古美術品などと同じぜいたく品とみなせる」として、相殺を認めない方向で検討することにした。実施が決まれば、個人が値下がりしたゴルフ会員権などを売却して「損切り」しても所得税額は減らせなくなる。

 企業などの法人が保有するゴルフ会員権は売却損と利益を相殺して法人税を払うことができるが、この仕組みは変えない。

 ゴルフ会員権やリゾートマンションの会員権を巡っては、政府税制調査会(首相の諮問機関)が2000年7月の中期答申「わが国税制の現状と課題」で、損益通算のあり方について、「実態を踏まえつつ検討を加えることが必要」と指摘していた。

2004.3/1読売新聞より

続報 ゴルフ会員権の税金還付(損益通算、損金処理)、維持か?

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

よくある質問へ